コラーゲン注射の後遺症も知っておこう




コラーゲン注射による後遺症について


コラーゲン注射によって生じる可能性があると思われる後遺症についても知識をきちんと持っておきましょうね。

コラーゲンには、血小板を固める作用がありますので、万が一誤って、血管に注入してしまった場合、その部位に血流障害を起こす可能性があるとされています。

また、皮膚の薄い部分や皮膚の表層部分などにコラーゲン注射を行った場合、
数週間〜数ヶ月にわたって注入した部位医のコラーゲンが透けて見えることもあるようです。

極めて低い1%にも満たない発症率ではありますが、インフルエンザ症候群(吐き気・めまい・頭痛・関節痛)や、発疹、目のかすみなどが起こることもあります。
アレルギー反応が一番のリスクとされていますが、それ以外にも起こりうる可能性のある情報ももきちんと把握した上での摂取(注射)を考えるといいですね。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。