コラーゲン注射によるアレルギー反応




コラーゲン注射によるアレルギー反応

ヒアルロン酸注射ではアレルギーの心配が無いため、ほとんどの方が治療を受けることが可能です。
しかし、コラーゲン注射の場合はアレルギーが起こる可能性があるため治療を受ける前にアレルギーテストを受ける必要があります。


アレルギーテストを受けてから結果が出るまでにおよそ1ヶ月の期間が必要であり、テストの結果陰性であったとしてもコラーゲンを注入後にアレルギー反応が出てしまう場合もあります。
その為、コラーゲンを注射したくて美容クリニックに行かれても、施術は一ヵ月後になるということを覚えておいて下さい。

もし急いで施術を受けたいならば、アレルギーテストの必要ない、ヒアルロン酸注射の方が適しているかもしれません。


コラーゲン注入でアレルギー反応が起こると以下のような症状が現れてしまいます。
痛み、発赤、かゆみ、腫れ
注射部位が硬くなる、塊になる
皮膚の表面がむける[皮膚潰瘍]
皮膚の変色
瘢痕(はんこん)化[傷跡]





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。